2018年12月21日に経済産業省の平成30年度第二次補正予算が閣議決定されました。
中小企業生産性革命推進事業の一環として、「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業」「小規模事業者持続的発展支援事業」と合わせて、1,100億円の予算を計上予定です。

過去には、平成28年度補正・平成29年度補正の予算にて事業が実施され、
当社も28年度・29年度共にIT導入支援事業者として採択され、様々な中小企業様・個人事業主様にITツールを納入いたしました。

IT導入補助金の目的

  • 中小企業・小規模事業者等の生産性向上を実現するため、バックオフィス業務の効率化や新たな顧客獲得等の付加価値向上(売上向上)に資するITツールの導入支援を行います。
  • サービス等生産性向上IT導入支援事業により、補助事業者の生産性を向上させ、サービス産業の生産性伸び率を2020年までに2.0%を実現することに貢献します。

IT導入補助金公式サイトはこちら

補助金の対象者は

中小企業、小規模事業者(飲食、宿泊、小売・卸、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)が対象となります。

補助上限額と補助率

  • 補助上限額:450万円
  • 補助下限額:40万円
  • 補助率 1/2

昨年度と比べて補助率は1/2は変わりませんが、補助上限額が450万円と昨年の上限50万円から大きく引き上げらました。
一方、下限額も40万円と、昨年の15万円から引き上げられました。

今後の予定

当社は平成30年度IT導入補助金のIT導入支援業社にも登録を予定しております。
IT導入補助金を活用してITツールの導入を検討していましたら、お気軽にお問合せくださいませ。